カテゴリー: その他

オリジナルクリアファイル作成メリット(高田馬場3丁目店)

オフィスや学校で書類整理の必需品として人気のクリアファイル ノベルティや販促ツール・会社の宣伝等で、自社の広告をプリントしてご利用いただけます。 クリアファイルは利用頻度が高く、長期間使用できるため、費用対効果の高い重要な販促ツールです。目に留まりやすく、広告宣伝効果はチラシ・パンフレットとは比べものになりません。販促グッズは会社の大事な顔です。 ・新商品の告知 ・記念品 ・名刺代わりに ・社名アピール ・イベントなどで商品名や社名をアピール ・展示会での配布資料入れ ・提案書や見積書を入れる封筒代わり ・お土産グッズ ・キャラクターグッズ ・購入者プレゼント、ノベルティー 等など、活躍の場は、たくさんあります。 また、 ・実用的で使い道が多くある ・薄くて軽量なのでかさばらない ・広告を載せられる面積が大きい ・簡単にオリジナリティが出せる ・耐久性に優れている為、長く宣伝できる ・優秀な営業ツールとして活躍 とメリットもいっぱい。 他に広告として使われているポケットティッシュやチラシは紙消耗品なので無くなってしまえばそれまで。 その反面、クリアファイルはそれらに比べて丈夫なので、使ってもらえればその分広告が目に止まりやすくなります。 使ってもらいやすいという事は、それだけ需要があり、受け取ってもらえればそれだけお客様に喜ばれ、その会社の印象もより良くなると思われます。 何より製作費がに安価という事です。 制作の総額は、枚数によってまちまちですが、ファイル一枚の製作費はおよそ十数円。 低予算で作る事が出来るのです。 他の広告で使われる文房具、ボールペンや鉛筆は大体数百円くらい掛かります。 それに比べたらファイルを作るって配るのは非常に低予算で済ませる事が出来るのです。 以上が、オリジナルのクリアファイルを広告として配るメリットです。 “

つづきを読む

挨拶状の書き方(高田馬場3丁目店)

新たなビジネス展開をお知らせする時。旧知の方に自身の立場が変わったことを通知する時。「お知らせ」や日ごろの「感謝」を伝えたい時。頂戴したものに対して「お礼」を伝えたい時。 挨拶状には多くの目的がありますが、どんなケースでも、先方への敬意を表しつつ、こちらの強い意思を丁寧な言葉使いで伝え届けるのが、挨拶状の基本です。    日ごろからお付き合いのある方へ連絡を取る場合には、メールや電話で済ませることが当たり前の時代になりましたが、事務的に済ませていいものと、そうせずに、きちんとした挨拶状をしたためたほうが、こちらの気持ちが直接伝わってよい場合があります。 ビジネスでは人事異動や転勤だけでなく、お見舞いやお礼、年末年始、社名変更、独立起業、新会社設立など、 個人では冠婚葬祭や転居のお知らせ・年賀状など 挨拶状のマナーや書き方は「伝えたい内容」を「丁寧に、敬意を払って、簡潔かつ正確に」仕上げること。書き連ねた文章を、そのまま読み上げてもおかしくないようにまとめられれば最高と考えておきましょう。 でも、いざ書くとなると緊張してしまいがちです。そのため、文章を考え過ぎてしまい、感謝の言葉や季節の挨拶など、「挨拶状の1行目」から悩んでしまうこともしばしばです。 文書としては簡単なものですが、書き方のマナーが問われる大切な文書です。 ☆挨拶状,書き方・常識・きまり事☆ 【句読点 は入れない?】 句読点を入れないのは、たとえば慶事などで挨拶状を書く場合、区切りをつけるということは良くないとされ、縁起を担ぐ意味もあるそうです。また、句読点は明治時代に入るまで使われておらず、最初は学校で子どもが読みやすいようにと使われ始めたものだそうです。大人に対する文章に句読点をつけることは、相手を子ども扱いし失礼にあたるということで使われていなかったようです。また、段落を付けることも良くないとされていますので、書き方として把握しておく必要があります。 【前略・冠省が使えない?】「前略」は前文を省略する場合に使います。前文は、時候の挨拶や互いの安否の挨拶、日ごろの交誼のお礼などで儀礼を重んじる手紙では重要な要素であり省略することはできません。したがってお礼状・挨拶状では「前略」・「冠省」は使えません。     【忌み言葉って???】 人生の大事な場面で起きてほしくないことを避ける為に、縁起をかついで使うのを避けるのが忌み言葉です。言葉の意味や音が不吉なイメージをもつ言葉や、繰り返しおこることを連想させる重ね言葉が忌み言葉としてさけられます。

つづきを読む

一生使えるを贈り物 ~印鑑~(高田馬場3丁目店)

新成人・新社会人  親から子へ 一生物の印鑑を贈り物に  親から子へ 『大人』になった証として 『人に迷惑をかけるな』『自分に責任をもて』 との気持ちを込めて贈られる印鑑。 様々な局面で書類に印鑑を捺すとき 『親の顔や言葉』 が浮かぶ… だからより慎重に         印鑑を使う場面は大人になればたくさん出てきます。 高価な買い物や一人暮らしを始める際、そして銀行で口座を開設する時、様々な場面で印鑑を使うことになります。 しかし、自ら、よし印鑑を買おうと思うことはあまりありません、どうしても必要になったとき、慌てて用意するという人が多いのでは…。 ならば、親から子へ、新成人、新社会人を契機として、印鑑を贈り物としてプレゼントするというのがいいでしょう。 印鑑には実印、銀行印、認印の3つの種類があります。 用途として 【実印】は住民登録のある市町村に登録をしたハンコ 不動産の契約などで使用者の意志を証明する役割を果たします。 【銀行印】は文字通り、銀行の口座開設などでとどけでしたハンコ 1本のハンコで複数の口座を開設している方が多いが万全を期すなら金融機関や口座ごとに違うハンコを使う方が良い。 【認印】は荷物の受け取りや職場でよく使われるハンコ 認印と聞けば気軽に捺してしまいがちですが、捺したことでその人の意志を表すことに変わりありません。 こうした実印、認印、銀行印をセットで渡す場合、もしくは段階に応じて個別に渡していく場合など色々な選択肢が考えられます。 例えば、高校卒業の段階で認印、新成人の時に実印、新社会人の時に銀行印というように分けることが可能です。 また、親から子へのパターン以外に、親戚の人が新成人祝いにプレゼントする際にまだ持っていない印鑑をプレゼントするのも1つの手です。 学校の卒業記念品としても昔から選ばれています。 印鑑は良い物であれば一生使えると云っても過言ではありません。 新しい一歩を踏み出す前途を祝して印鑑を贈ってあげてはいかがでしょうか!!!!!  

つづきを読む

年末年始の営業時間のご案内

平素は格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます。 年末年始は以下のように休業させていただきます。 ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。 年末営業 2018年12月29日(土)9:00~13:00 休業期間 2018年12月30日(日)~2019年1月4日(金) 年始営業 2019年1月5日(土)9:00~13:00 2019年1月5日より通常営業いたします。

つづきを読む

年賀状の歴史と意味(高田馬場店)

年賀状はお世話になった方や大切な方、親族への「年始回り」の代わりです。古くから、1年に1度、相手の健康を祝い、そして無事息災を願う習慣がありました。この習慣は、当時、家族や共同体で、お互いに顔を合わせて行われていたでしょう。ですが、社会が複雑化して、その日に直接会えない親戚や知り合いの数が増えていったので、現代では色々なとらえ方があります ☆1年の感謝を伝えるお世話になった方に、1年の感謝の気持ちを伝えるのに年賀状を出す人は多いはず。受け取る側も、自分への感謝の言葉が添えられていたら嬉しいですよね。口には出しにくい言葉も、手紙なら抵抗なく伝えることができます。 ☆普段会わない人と連絡が取れるもともと、遠方で会えない方への新年の挨拶の手段として用いられた年賀状。年を重ねると、近くにいても旧友や恩師に会う機会が減ってきたりします。しかし、1年に1回のやり取りがあれば、会えなくても繋がっている感じがしますよね ☆お互いの近況報告友人だけでなく、親族や仕事関係の人に出すことで、お互いの信頼関係を高めることに繋がります。出したほうが良い印象を与えるのではないでしょうか。 ところで、 Q.年賀状は、いつごろ誕生したの?  A.年賀状の歴史はとても古く「日本の年賀状の歴史は、明治に入って新式郵便制度の実施後、郵便葉書の普及に伴って一般化したとの見方が有力です。(略)しかしながら、大化2(646)年にはすでに宮廷で年賀の儀式が始まっています。平安時代に藤原明衡が著わした『雲州消息』には、年賀の手紙の例文がいくつも取り上げられています」(郵政博物館『年賀状の歴史と話題』より)年賀状を出すことが世間に広がったのは、郵便制度の開始がきっかけですが、日本で年賀状が誕生したルーツは、平安時代にまで遡ります。「群雄割拠の戦国時代に武将が記した年頭の挨拶文も残っています。戦国時代こそ儀礼を重んじ、意思の疎通を大切にする必要があったのかもしれません。また、太平を謳歌した江戸時代には公私の飛脚制度が発達し、年賀の詞を記した書状も多く現存しています」(郵政博物館『年賀状の歴史と話題』より)大正時代のはじめから、昭和時代にかけて、年賀状はますます普及します。この時期は産業がものすごく発展しました。このために地方から工場などで働くために上京して、都市に住んだ人が多かったのですその人達が直接会うことができない親戚や知り合いに年賀状を送るようになりました。このことで年賀状がより普及したのです。 Q.現在のようなはがきスタイルになったのは?A.1873年(明治6年)に登場した官製はがきがきっかけです。明治20年前後には、年賀状を出すことが年始の恒例行事となります。多くの人が「1月1日」の消印を押してもらうために、年末頃に年賀状を投函し、郵便局の仕事量は普段の何十倍にも跳ね上がったそうです。その対策として、「年賀郵便」の特別取扱が始まりました。これは現在のように年末のうちに年賀状を受け付け、元日に配達されるという制度ですその後1949年に、いち民間人であった林正治氏からのアイディアで、お年玉つき年賀はがきも登場しました。これは世界に類を見ない日本独自のものです。当初、お年玉はミシンやグローブなどでした。やがて電気洗濯機、テレビ、電子レンジなどの電化製品がお年玉になります。“ 毎年恒例となっている年賀状ですが、こうした背景を踏まえ、今一度、年賀状の持つ意味を考えたいものである。 ちなみに年賀状のポストへの投函期限は、12月25日までに投函すれば離島などを除き、元旦に配達されます。もともと新年の「挨拶回り」の代わりに出すようになった年賀状。今年お世話になった方だけではなく、普段会わない方や仕事関係の方へ「挨拶回り」に行けない方がいれば、この際に年賀状を送ってみてはいかがでしょうか。

つづきを読む

看板をリニューアルで売り上げアップ(高田馬場店)

看板をリニューアルで売り上げアップ お店の顔である看板をリニューアルすることで、売り上げアップを期待することができます。 古く劣化した看板は、印象も悪く、長く放置しておくと、本体が劣化することにより接がれ落ちる危険性も出てきます。 そうなる前に、看板を新しくすることをお勧めします。 また、普段見慣れている看板を新しくすることにより、注意をひくこともできます。 リニューアルの方法としては様々な方法があります。 そもそも看板の塗装は太陽の紫外線を受けることで、次第に劣化し色あせるようになります。 まず色あせた部分を塗装し直すだけでもかなり効果が現れます。 そこで定期的にリニューアルして、注目されるように!! またはデザインを一新して新しくする方法もあります。 さらには蛍光灯やLEDを交換することで明るくなります。 特に飲食店などは明るい看板にすることによって、料理も美味しそうに思えるものです。 クリニックなどであれば明るめのパステルカラーにするなど工夫をすることで、雰囲気もかなり変わります。 デザインに関しては、ブランディングを検討することで印象もかなり変わります。 より目立つ色やデザインにすることで、お店を発見してもらうというのがこれまでの看板に求められた考え方でした。 けれども需要よりも供給の方が多い現代では、単に目立つだけでは来店にはつながらなくなっています。 そのためにデザイン性を高めることでいかに魅力的に見せるかが重要となっています。 この様に、看板に関する考え方も変わってきてます。 とは言ってもその時の時流に乗るようなスタイルのデザインでは、長く魅力的に見せることは難しくなります。 少なくても10年くらいは古さを感じさせないようなデザインにリニューアルすることを考える必要があります。 お店の雰囲気とブランディングを考えて、違和感のないようにすることが大切です。 さらに耐久性を高めるような施工を施すことも長持ちさせるためには必要と….。

つづきを読む

夏季休業のご案内

暑中お見舞い申し上げます。   平素はひとかたならぬご厚情にあずかり、心から御礼申し上げます。 炎暑の折、皆様方のご自愛のほどお祈り申し上げます。   誠に勝手ながら下記の予定で夏期休暇を実施させていただきますので、 ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。   8月11日(土)~8月16日(木) 夏季休業   8月17日(金) 通常営業   期間中お客様におきましては、大変ご不便をお掛け致しますが、 何卒宜しくお願い申し上げます。   【ご注文・お問い合わせについて】 休業中もネット注文は可能ですが、ネットからの注文に関しましては すべて2018年8月17日(金)受付扱いとさせていただきます。 2018年8月17日(金)10時以降に順次ご返信いたします。

つづきを読む

のぼりの宣伝効果(高田馬場店)

お店でよく利用しているのぼりは、宣伝効果が高いことで人気があります。低料金にて制作できることもあり、需要が多いです。その為、のぼりの宣伝効果をいかに高めるかについてはポイントがあります。大抵のお店は自信のある商品やサービスを少しでものぼりで宣伝したいと考えるので、種類が多くなり、街中にはいたる所にのぼりが立ち、まさに乱立状態となっています。通行人はそのような宣伝をひとつひとつ注意深く見ることは無いので、たとえ内容を工夫したところで、大して効果が無いことがわかっています。 では、どのようなデザインにすれば、多くののぼりの中から差別化を図ることができるのか???そこで参考になるのはコンビニで立てられているものです。多くはたったひとつの商品を大きく宣伝していることがわかります。デザインにはさほど凝ってなく、それよりも特徴としてわかるのは、同じデザインのものを何本も立てていることがわかります。 これは自信を持って勧める商品を繰り返し宣伝することで強く印象付けようとする戦略。繰り返し訴えることで強く印象を与えるのは、マーケティングの基本です。そしてのぼりにおいてもそれは全く同じ事になります。イチ押しの商品をこれでもかと訴えることで、このお店にはこれとブランディングすることにもなりますし、とにかく印象付けることが可能となります。これが高い宣伝効果を生み出すことになるわけです。また、の制作も印刷会社でコストをかけずに安く行うことができるので、定期的にデザインを変えることもできます。期間限定の商品などを集中的に宣伝することで、お店を強くアピールすることができます。 あとは、風景に溶け込まないような色づかいをすることも大切です。

つづきを読む

暑中見舞い(高田馬場店)

“メール”で簡単に用件を済ませられる!! 便利な世の中になりました。 その一方で、日常化している連絡方法ゆえに 画一的な文字のやり取りになりがちです。     そこで、日頃の感謝の意味を込めて、暑中見舞いの葉書を一枚、書いてみませんか? 書く上で、ルールやマナーに難しいことはありません。 自由に楽しく書ければそれが正解です。 それプラス、より素敵な暑中見舞いを書く為に3つのポイントを押さえておきましょう。     <1>夏らしい葉書で 暑中見舞いのシーズンになると、涼しげな夏らしいデザインの葉書が出回ります。 見ているだけでも楽しいユニークな物も多いので、サプライズの意味も込めて 選んでみるといいでしょう。 <2>時期を外さない 暑中見舞いを出す時期は、梅雨明けから立秋(8月7日頃)までとされています。 立秋が過ぎると〝残暑見舞い″となります   <3>軽やかに、文字は少なめ 暑苦しい夏を演出しない様に、短い文面に自分自身の近況報告もいいのですが、そこに終始しないで相手が喜ぶ顔を想像し、どういった言葉を添えればいいのか考えてみましょう。 相手も返信したくなる様な、気遣いのある内容だとなお良いでしょう。   最後のまとめとして、暑中見舞いは 特別なルールやマナーはありません。 ですので、気楽に自由に楽しみながら書けばいいのです。 何を書けばいいのか分からない方は、個性的で面白い 暑中見舞い葉書を見つけるといいでしょう。 受け取る相手を楽しませるという目的を 忘れなければOKです。”

つづきを読む

オリジナル社章を作成(高田馬場店)

会社のイメージとなる社章。 襟につけて使用する社章は、その会社のイメージや信頼感を表現する大事なツールです。また、社員の方にとっても、“自分がこの会社の社員である”と自覚でき組織の一員であるという意識づけにもなります。特に営業時などでは、しっかりとした社章を身につけている事によってお取引先の印象も大きく変わってきます。 企業規模の大小に関わらず、社章はその会社の顔を表すシンボルでもありますので、妥協のないしっかりとしたものを作成しましょう。 まさに胸元に光る、「小さな会社PR」ですね。 会社のロゴや社名等、オリジナルのデザインで作成できます。 加工方法も3タイプありお好みで選べます< /p> ★プレス凸凹研磨仕上げ 砂目仕上げ(粗目・細目があります)・艶仕上げがあり、金属の凸凹の陰影のみでシャープに表現します。 ★ダムシン風仕上げ 金属の凹部を黒着色してあり、凸メッキを際立たせた表現になります。 ★疑似七宝仕上げ 金属の凹部を顔料で着色し、デザインを七宝風にカラーできるので、会社のイメージカラーに近い表現ができます。 裏パーツも、ネジ式・タイタック式の2種類から選べるので、気軽につけることができます。 社章の付け方ご存知ですか?  ◆男性はスーツのどこに付けるの? 社章の取り付け位置は、スーツの左胸のあたり、主に、フラワーホールと呼ばれる切り込みのある場所になります。最近のスーツは、切り込みになっておらず縫製されているものも多く存在します。 昔はネジ式がスタンダードでしたが、切り込みのないフラワーホールも多く存在する現代では、ネジに代わりタイタックなどの針を刺して使用するタイプが主流になりつつあります。  ◆女性はスーツのどこに付けるの? 女性の場合も男性と同様に、社章はスーツの左胸付近につけることが一般的です。 元々女性のスーツには、フラワーホールが存在しませんので、ネジは不向きです。タイタック式がお勧めです。 ∮最近では社章以外でもピンバッチとしてその活用方法は実に様々です。会員の証や式典で使用する贈り物、またはプロモーションなど幅広い活用方法が考えられます。オリンピックでは各国のピンバッチを交換する等、国際交流も盛んに行われています。 それ以外にも、アイデア次第でどんどん活用の幅が広がっていく、いわゆるピンバッジと呼ばれるものです。

つづきを読む
1 2