カテゴリー: 名刺

名刺の起源は(高田馬場3丁目店)

今や世界中のビジネスシーンに欠くことのできない名刺 素材やデザインは実に豊富になり、誰でも簡単に作ることができるようになりました。 そのため、現在ではビジネスシーンばかりではなく、婚活や趣味の場など、プライベートシーンでも愛用される方が増えているそうです。     そんな風に、手軽に自分の情報を詰め込んで、個性を演出することができる名刺ですが、 それでは起源はどこにあるのでしょうか? 実は起源はかなり古く、2000年以上前の中国、後漢の時代まで遡ると言われています。 現代では、一般的には手渡しでの交換が主流になっていますが、当時の使い方は今とは異なり、誰かのお宅を訪問した際に、訪れた自分が何者かを証明し、ご主人に取り次いでもらうために、名前を書いた札を門の前にある箱に入れていたのだそうです。 これが『刺』と呼ばれ、名刺の起源になったのだと言われています。 また、後漢から少し下った唐の時代になると、書物にも名刺のようなものが登場するようになりました。 こちらも木や竹の札に名前を書き、戸口に刺し込んで来訪を知らせるという用途だったそうですが、元来は手渡しでご挨拶代わりに渡すものではなく、来訪そのものを伝えるための手段だったのですね。 箱や戸口に「名を書いて刺し込む札」という意味で『名刺』という言葉が使われるようになったのではないかと言われていますが、現代では「名を書いた紙」なのに「名紙」とは書かない謎も、これですっきり解決します。 その後、16世紀頃からヨーロッパでも名刺が使われるようになり、世界中に広がっていきますが、日本で名刺が使われ始めたのは、19世紀の江戸時代であると言われています。 訪問先が留守だった時などに、墨で名前を書いた和紙を置いて、自分が来訪したことを伝えるのが、その使用目的でした。 現代のようにビジネスシーンで使われ始めるのは、鎖国が終わった明治時代頃からで、印刷技術が海外から伝わってからのことだそうです。 当時は、自分の家の家紋と名前を印刷するのが主流だったそうですが、家紋なら、現代のプライベート名刺に入れてみるのも、レトロな雰囲気を演出できて面白いかも知れませんね。 “

つづきを読む

世界の面白い名刺(高田馬場3丁目店)

名刺はビジネスシーンに欠かせないもの 必要な情報が書かれているのはもちろん、初対面の相手にどれだけインパクトを残せるかも大切になってきます。 最近は担当者の似顔絵や、意気込みを盛り込んだものもよく見かけるようになりました。 しかしライバルと差別化するには、よりインパクトのあるデザインと仕掛けが必要かもしれません。 もう一歩踏み込んで、世界の面白い名刺デザインを紹介します。 最もアイディアを形にしやすいのは食品業界 渡されたクッキーが名刺だったり、キャンディの包み紙に住所や連絡先が記されていたらサプライズになるでしょう それが自社の製品に関連していたら、相手の興味が深まる事も期待できます グリル料理を売り物にするレストランの名刺が、火であぶると店名が浮き出すなど、ひとひねり効いた仕掛けもあります 工具に関係が深い業種も、面白い名刺が存在します 自転車メーカーで貰った鉄製の名刺が、ボルトやナットを回せる工具になっていたというのが良い例。 それには定規もついていて、使うたびに会社名や担当者名が刷り込まれるからくりです。 同じ効果は文具でも期待でき、ペン型や消しゴム型の名刺もあります。 しかしデザインに気を使わないと、単に社名の入ったノベルティ的な扱いになってしまうので注意が必要かもしれません。 医療関係ではシールをめくる事で施術前、施術後の違いがわかるもの、豊胸手術のシリコンを埋め込んで感触がわかるものなど。 また病院名と連絡先の入ったバンドエイドや、普通は紙の素材が包帯でできているといった、存在を身近に感じてもらうアイディアに知恵をひねっています。 そして特に人気が高まっているのは「組み立てる系」 家具メーカーの名刺をキリトリ線にしたがって組み立てると、立体的な椅子ができあがる。 もしくは物流関係で段ボール地のカードを組み立てて、実務で使っている箱のミニチュアが完成するなど。 これらが口コミで話題をよび、高い宣伝効果を生み出しているケースもあります。 会社やスタッフの属性を示すだけでなく、名刺本体が優秀な営業マンの役割を果たす。 世界の面白い事例が、そのことを雄弁に語っています。 “

つづきを読む