カテゴリー: 印鑑・はんこ

会社印鑑の代表者印・角印・銀行印・ゴム印について(高田馬場3丁目店)

会社印鑑には、会社の実印、角印、銀行印と言った3つの印鑑が在ります。 角印や会社の実印と言うのは、契約書などに押すための印鑑で在り、会社にとって重要な印鑑になります。 【会社の実印】 代表者印(役職印)と呼ばれ、、会社設立の際、法務局に登記して使用する、法人代表者の権利・義務を立証するはんこです。 回り(回文)に会社名(略す事無く、登記と同じにします)。 中文(中文字)は個人名ではなく代表役職名にするのが一般的です。 団体により以下のように異なります。 株式会社・有限会社・相互会社      ⇒   代表取締役印 合名会社・合資会社・LLC(合同会社)・LLP ⇒    代表者印 LLC(合同会社)             ⇒ 代表社員之印 特定非営利活動法人・社団法人・財団法人 学校法人・医療法人・社会福祉法人     ⇒    理事長印 協同組合・労働組合 起業される時に必ず必要となるはんこです。 代表者印は代表取締役となる人の実印であり、個人で利用する実印と同格なものであり、印鑑登録を行う事で効力を持つ印鑑になるのが特徴です。 印鑑証明書と伴に効力をもたらせてくれる印鑑としての利用が出来るようになります。 【銀行印】 取引銀行の口座開設等で利用する印鑑であり、会社設立を行う段階では必要が無い印鑑です。 定款などには代表者印や会社の実印と言った会社印鑑が在れば良いわけですし、設立登記を行う際に実印の印鑑登録を行う事になるため、銀行印はこの段階では不要になります。 銀行開設の際、実印を銀行印として登録される方もいます。 代表者と経理担当が同一ならば、支障はありませんが、経理担当者が異なる場合は、銀行印を作成する事をお勧めします。 実印同様、回り(回文)に会社名(略す事無く、登記と同じにします)。 中文(中文字)は「銀行の印」とするのが一般的です。 また、サイズも役職印よりひとまわり小さくするのが一般的です。 【角印】 契約書、請求書、領収書などに使用する印鑑です。会社設立時には不要な印鑑ではありますが、これらの印鑑は会社運営に置いて重要なもののです。   会社設立の印鑑セットとして、実印、銀行印、角印を併せて作る起業家も少なく在りません。 同時に製作をしておくことで、印鑑それぞれの品質を一定にすることが出来ると言うメリットが在ります。 どのような印鑑が良いのかは利用される人の好みなどになりますが、会社印鑑は様々な場面で会社経営の中で活用する形になるため、耐久性が高く品質が良いものを選んでおくことが大切であり、壊れてしまうようなものではなくしっかりとした作りの印鑑を選ぶ事で会社経営の中で使い勝手が良いものになってくれます。 尚、見積書などには会社の社名や住所などが記載されたゴム印も在りますが、これも会社印鑑として利用頻度が最も高くなる印鑑の一つであり、耐久性が高いものを選ぶ事が大切です。

つづきを読む

はんこの書体の違い(高田馬場3丁目店)

はんこの書体には、その主な用途の違いを中心に幾つかの系統から選択される事が一般的です。 楷書・古印・行書は 一般的に文字を記す際にも使われる事が多い書体で、平易に読める事から、認印・銀行印・シャチハタ等に多く選ばれています。はんこに使われる場合には印刷にも使われるタイプの字体を使用する為に、印刷物等に押印する場合に違和感を感じさせず、用途の範囲も広く考えられるという利点があります。 ところが読み易さや使い易さは、偽造防止という観点からは仇となるケースがあります。 高いセキュリティを要求したい、銀行印・実印といった重要な役割を果たすべきはんこにおいては、篆書・印相体を選ばれる方が多いです。 古来さかのぼると、中国・秦代(前二二一―前二〇七)、始皇帝の時代に篆書が一般的に使われるようになり、中国・漢代(前202―220)には篆書が衰え、実用に便利な隷書が勢力をえました。 隷書から転化したのが、楷書体 楷書と草書の中間が、行書体 隷書を基本とし丸みを加えたのが古印体 篆書を基礎にして、運勢が広がるように文字を八方方向に広げたのが、印相対 それぞれの特徴 【印相体】   個人の実印の書体として用いることが多い書体 文字を崩しているため可読性が低く、偽造防止セキュリティ的にも安心     【篆書体】 実印に限らず、すべての印鑑に適しています 特に法人印のほとんどはこの書体が使われています 左右対称で均一な線幅が特徴 日本のお札に捺されている印鑑はこの篆書体です ※ちなみに   ◎お札の表の彫刻文字は「総裁之印」 これは別名「流通印」と呼ばれ『日本銀行より発行したお札は全国隅々まで行き渡るように』との願いが込められているそうです。”     ◎お札の裏の彫刻文字は「発券局長」 これは別名「歯止印」と呼ばれ『表面で願う流通を裏面で発券局長が歯止めをかけ、再び日本銀行に帰ってくるように』との願いが込められているそうです。         【古印体】   既製の認印に多く使われている書体です 主に認印(三文判)に多く使われていま     【楷書体】 少し右上がりで、一点一画を続けて書かないのが特徴です 以前は、小判型の三文判で既成の印影で多く使われていました。 その名残からか、シャチハタの既成ネーム印で使われています 【行書体】   文字を崩した流れるような字体でありながら、凜としたイメージも持ち合わせた書体で 可読性も高いので認印・銀行印に多く使われています       ※隷書体・行書体は文字の崩し方がイメージと異なることがあるので、要相談をおすすめします。

つづきを読む

はんこのサイズとそれぞれの用途(高田馬場3丁目店)

一般的にはんこといえば認め印、銀行印、実印の3種類がありますが、それぞれのはんこはサイズも用途も違います。 認め印は社会人が会社で書類に押印したり、家庭で宅急便の受け取りなどで使用されていて、そのサイズは小さく直径10.5mmから12mmのものを使用します。 どの家庭にも一つは置いてある朱肉無しで使用できるネームスタンプ(シャチハタ等)は、このサイズのものです。   銀行印は銀行口座を開く際に銀行に登録するもので、銀行で通帳を使って預金を引き出したり、各種手続きをする際に使用されます。 ただ、個人で使用する場合はケースに入れたまま使用する機会が少ない事が特徴です。 サイズは、認め印のそれより少し大きい直径12mmから15mmのものを使用します。       実印は、印鑑の中でも特に重要性が高く、不動産の取引や登記、相続時の遺産分割、ローンなど金額の大きい契約書などで使用されます。 実印を使用する場合の多くは、その印鑑が本人のもので間違いないと役所が証明する印鑑証明書を添付することで、その効力が確かなものになります。 そうした重要性から認め印や銀行印とは違い、実印にはフルネームを彫刻する場合が多いので、それらよりさらに大きいサイズの直径13.5mmから18mmのものを使用します。 このサイズでは、名字が2文字、名前が3~4文字を彫刻する事ができるので、ほとんどの人はこのサイズを選びます。   ※この他にも、会社が社外に対して発行する書類などに押される角印は21mm~27mmの正方形の印鑑ですし、書類仕事が多い人などは、訂正印用の6mmという特に小さいサイズの印鑑を持っています。 また、女性の印鑑は男性のそれよりも、役職により上司より一回り小さいものを作成する事が一般的です。  

つづきを読む

印鑑のマナー(高田馬場3丁目店)

“ビジネスや契約の際に、印鑑が必要となる場面が訪れます。 その際、知っておかないと大恥をかくような印鑑に関するマナーが存在します。 特にビジネスでは多くの印鑑の押し方というものが存在し、そのすべてを知らないというビジネスマンも存在します。 《契 印》 落丁や差し替え、抜き取りを防ぐ目的で、2枚以上にわたる文書の各ページにまたがって押印することを言います。その文書に署名押印した印鑑を使用します。 契約を交わす双方が契印を押すことになります。   《割 印》 割印というのは多くの人が聞いたことがあるでしょうが、原則として二通作成する契約書を、上下、もしくは左右にずらし、そこに押すことでその契約書が同一であるということを示す狙いがあります。 契約する際には常識とも言えるマナーです。     《訂正印》 契約書を書く際、書き間違えや内容の訂正を行う場合などにも印鑑は必要となります。 手書きで修正する場合、その部分を二重線で消し、余白に正しい情報を書き込みます。欄外に「○字削除」「○字加入」「○字修正」などを記します。署名押印と同じ印鑑を使用します。     《捨 印》 後日、文書の語句を訂正するときのために、あらかじめ欄外に押印することを言います。但し、勝手に内容の変更や訂正される危険性もあります。     《止め印》 文書の記載が終わったことを示すため、文書の最後尾に押印することを言います。「以下余白」と示すことと同じ意味です。     などなど、契約書を作成する際には様々なマナーが存在し、知らないと改めて契約書を作りなおすハメになります。 押印はいわゆる当事者の意思を示すものとなります。 そのため、署名をし、押印が必要となる場合、押印した場所から近くでなければいけません。 あまり離れた場所に押してしまうと、その効力が疑問視されてしまいます。 稟議書や見積書などの社内文書を回す際、担当部署の欄などがない書類の場合には一番右側に担当印を押すことがマナーとなっています。 何人かの上司がその稟議書などを確認する際、押すスペースがないというのはマナー違反となります。 そのため、印鑑を押す欄がない書類の場合には一番右側に押印することが求められます。 こうした印鑑の押し方1つで、ビジネスマナーがその人に備わっているかどうかが丸分かりとなります。 “

つづきを読む

印鑑の朱肉の種類(高田馬場3丁目店)

古代より印鑑そのものは洋の東西を問わず用いられていたが、朱肉が歴史に登場するのは意外と遅く、中国は宋代のころと言われています。 それ以前は泥を用いていたらしく、朱肉の別名が印泥であるのはそのためらしい。 江戸時代には武士階級にのみ朱肉が許され、庶民の印影は黒でした。因みに朱色を使う様になったのは縁起が良い色とされ、魔除けの色でもある事から使われました。 神社などの鳥居に朱色を使うのも同様の言い伝えから。   印鑑の朱肉には、それぞれで特徴の異なる3種類があります。   ●中国で古くから伝わる朱肉―印泥 印泥は朱砂と乾燥させたヨモギを混ぜたものに、色づけに顔料、粘度を調整するために油を加えています。 印泥の特徴は、印影が鮮明になり深みが出ることです。 さらに変色やにじみが少ないので、印鑑を綺麗に押すことができます。 ただし、印泥は乾きが悪いのも特徴なので、印鑑を使った後は注意しなければいけません。 また、管理も非常に難しく、長期間使わないと油が分離してしまいます。 特に暑い時期はべとついてしまうので、使いこなすのが難しい種類と言えるでしょう。     ●印泥とは違い日本で作られている―練り朱肉   印泥と同じと考えられることが多い種類ですが、作り方や素材は違います。 銀朱を昇華させたものに顔料や植物、和紙の繊維を加えて、ひまし油や松脂を使って固めています。 練り朱肉も印泥と同じく、油が分離しないように注意しなければいけません。       ●文具店など販売され銀行などにも設置されている―スポンジ朱肉 スポンジにインクを染み込ませており、価格が安いので気軽に使えるのが特徴です。 ただし、インクの特徴には注意しなければいけません。 スポンジ朱肉のインクは速乾性に優れている反面、水に弱く変色や色褪せがしやすい特徴もあります。 そのため、長期保存するには向いていません。 長期間保存するような重要な書類に印鑑を使う場合は、印泥や練り朱肉を使うようにしましょう。   また、印鑑ではなくゴム印を使う場合は、スタンプ台を使うようにしてください。 ゴム印を印泥や練り朱肉に使うと、成分にダメージを与えたり、ゴムが腐食する可能性があります。 逆に印鑑を使う場合は、絶対にスタンプ台を使ってはいけません。 スタンプ台を使ってしまうと、印材を変質させてしまい、印鑑が使えなくなる可能性があります。 印鑑を使うときには、使用目的などそれぞれに適したものを選ぶようにしてください。

つづきを読む

実印は象牙の印鑑がベスト(高田馬場3丁目店)

ハンコは自分自身を証明するものとして、銀行口座を開設したり、ローンなどの契約をするシーンでよく利用されます。 とても重要な契約、大切な契約の場合には、実印を用いるのが一般的です。 実印は市区町村の役場で登録することで、認められるようになります。 公的に証明されています。 それほど大きな存在である実印は、丈夫なもので作成するに越したことはありません。 実印作成の素材として、象牙に人気が集まっているのは、その丈夫さに定評があるからです。 象牙の印鑑は印材の王様と呼ばれるほど、高く評価されています。 貴重な象牙を使用しており、他の印材と比較すると大変高価ではありますが、使い勝手がよく、耐久性に優れています。 ハンコを押す際には、朱肉をつけます。 安価な印材を用いたハンコだと、朱肉が上手く馴染んでくれません。 たっぷりとつきすぎて印影が潰れてしまったり、逆につきが悪いために、印影が欠けてしまうなどの失敗が発生しやすくなります。 実印を押す書類はとても重要なものであることが多いですので、できるだけ印影をくっきりとさせたいところです。 象牙には朱肉が程よくついてくれるという性質があります。 均等に吸着し、印影を美しく作り出すことが可能です。 耐久性の高さにも注目です。 耐久性の低いハンコを使い続けると、次第に欠けてしまい、印影に影響を及ぼしてしまう危険が高まります。 そうなれば実印を作りなおして、再手続きをしなければならないなどの面倒な事態になってしまいます。 頑丈な象牙であれば、いつまでも欠けることのない、美しいハンコを維持できるようになります。

つづきを読む

ご結婚されて夫婦で印鑑を作成(高田馬場3丁目店)

結婚したら『印鑑』を作りたい! その理由として一番多いのが 苗字変更!!! そして、 今までどの印鑑を何に使っていたのか良くわからない??? なんとなくある印鑑やハンコを使っていた…??? しかも彼も良くわかっていない…???!                                                                           という方、多いかと思います。 最初は少し大変だけど、結婚するにあたって名義変更をするついでに印鑑登録も全部変更してしまえば後々絶対に楽になります それに新しくふたりで家庭を築くにあたって、心機一転すっきりするはず! 結婚したら家庭を持つ身。 夫婦それぞれ、しっかりとした印鑑を持つことが求められます いざ家を買ったり、車を買ったり、重要な契約のときに「実印って何だ?」「印鑑証明してたっけ?」となったら大変だし、何より大人として恥ずかしい! 家庭を持つ身として、これからの人生のあらゆるシーンに対応した『3つの印鑑』を持つことをおすすめします。     ①実印とは、 住民登録をしている役所に『印鑑登録』をしている印鑑のこと 車を買ったりしたことのある方は、印鑑証明と実印を持っている人も居るかもしれません 実印は印鑑の中で1番重要なもの 実印は法律上や社会上の権利、義務の発生などが伴っているものなので、「実印を押す=法的な効力がある」ということです。 実印を使うときは〔不動産やローンの手続き、遺産相続、車の売買、保険金や保証金手続き〕などといった社会的な信用や信頼関係が結ばれる場合や、証明が必要な場合。 なので実印はこのような用途以外には一切使わずに、他の銀行印や認め印と同じ印鑑を使うことも避けましょう 家族であっても同じ印鑑を使うことは出来ません。 女性の印鑑は、男性(夫)の印鑑よりひとまわり小さいサイズが良いと言われています 男性向けの実印は15mm~18mmが多いので、彼の印鑑のサイズを確認して、それより小さいサイズにしましょう◎     ②銀行印は、 銀行や金融機関、カードや公共料金などの手続き関係で必要な「届出印」です 結婚する前から名前の銀行印を使っている方は印鑑の登録変更をする必要はありませんが、名字の銀行印を使っていた花嫁さんは変更が必要となります 銀行印は、【名前のみの横書き】がおススメ サイズは実印より小さく、認め印より大きい12mm~13.5mmが主流です。 (※名前の印鑑を使っていた方は印鑑の登録を変更する必要はありませんが、苗字が変更する場合名義変更はしなければいけいないので注意してください!)     ③認印は日常での事務(簡易な契約書や履歴書、転入届や運転免許証など)に使われるもの 認め印は【名字の縦書き】が良いみたい 日常的に使われるものなので、2本くらい用意しておくのがおススメです♩ 認め印は名字?名前?サイズはどうするの? 認め印は名字のみの縦書きが主流なので、新しい苗字でつくる必要があります 認印のサイズは実印、銀行印よりも小さい10.5㎜ か12mmが主流です

つづきを読む

印鑑と印章(はんこ)と印影の違い(高田馬場3丁目店)

日常生活において銀行への書類や役所への届け出、会社への資料提出や学校での証明書や署名など、様々なところで印を押しています。 その当たり前に使用している印には様々な種類があり、例えば実印、銀行印、訂正印、認め印、会社印と多岐にわたります。 また、材質も様々で木材によるものから牛角や象牙のもの、樹脂や金属によるものなど多種多様です。 そして、印の種類によって素材を変えこだわりをもって選定する事で、個人を表す大切な印でもあります。 このように様々な種類、素材の印を当たり前に使用していますが、そもそもその名称である印鑑やはんこにはそれぞれ意味の違いがあるのをご存知でしょうか。   ハンコ=印鑑 は間違い 印を見比べる鑑だから「印鑑」 印鑑と聞けば名字や名前などが入っているあの印を思い浮かべる事が多いと思います。 しかし、本来の印鑑の意味は 実印や銀行印など登録した印章の印影の事を指します。 つまり、紙などにはんこを捺印したもの、そのものであるという事です。 そして、役所における実印や銀行に届け出ている銀行印など、地方自治体に届けている、もしくは金融機関にあらかじめ届けている特定の印影を指して印鑑と呼びます。 つまり、物体としてのハンコことではありません。 印章の真偽を照合するための印影台帳でこれを「鑑(かがみ)」呼んでいたので、 印を見比べる鑑であることから「印鑑」と呼ばれ、また真正であると認められたものも「印鑑」とされるようにありました。 その為、本来あるべき意味としては使うとすると、名前が入っているはんこは印鑑ではないという事になります。 では、名前が入っている印の本来の言葉がはんこもしくは判子です。 そして、名前が入っているはんこを別名印章とも呼びます。 日常生活において印鑑、はんこ、印章は全て同じ意味で使われがちです。 しかし、それぞれ本来の意味は異なります。 【印章/はんこ】 物体としての呼称             【印影】 印章を紙などに捺印したもの           【印鑑】 「印の真偽を見極める基礎となるもの」で実印や銀行印など登録した印章の印影のこと。           になります、本来の意味を知った上で使い分ける事が大切です。 総じて印鑑ははんこではなく、印影を指し銀行印、実印に当てはまります。 そして、印章は判子となります。 このように本来の意味を知り、本来の使い方をする事が大切です。

つづきを読む

印鑑 角印とは?(高田馬場3丁目店)

会社で使用するハンコには角印と代表者印の2種類があります。 どちらも法人で使う印鑑ですが、それぞれどのような用途で使われる印鑑であるか、説明できる人は意外と少なく、使いどころを間違えると色々面倒なことになるため、注意が必要となります。 角印とは…社印の別名 「○○○○会社之印」などと彫られているのが一般的。 正方形のハンコで、四角いので角印と呼ばれています。 大きくて立派なハンコなので会社を代表するハンコに思われがちですが 認印のひとつにすぎません。 請求書や領収書など社外に対して発行する文書の社名に重ねて捺されてます。     代表者印とは… 法務局へ届出する大切なはんこ。個人の印鑑登録と同じでいわば会社の実印。 一般的に中央には役職を記し、それを囲むように会社名が彫刻されています。 代表者印が使われるのは、重要な契約書など、法的な権利、義務を証明します       こうした代表者印と角印の違いは法律で明確に決められているということではなく、あくまで昔からの慣習となっています。 そのため、角印を法務局に登記するということも可能です。 しかし、この慣習を多くの会社が踏襲しているため、取引相手として軽んじられる可能性も考えられます。 また公文書に押印が必要な場合、角印だけでは認められないこともあります。 そのため、代表者印を一緒に押印しなければならないこともあるのです。 請求書に角印を押印する場合、請求書に記載されている会社名、住所が印字されている部分の右側に押すことが求められています。 会社によっては押す場所にルールやこだわりなどがあるため、社内文書などを探し、どこに押されているかをチェックしておく必要がありますが、社会常識として会社名や住所の印字部分の右側に押しておけば問題ありません。 また、真四角であるため、ちょっとしたズレが気になってしまうことがあります。 そのため、紙と平行に押せているかどうかを慎重に確かめておくことも必要です。 角印は社内文書などで使う頻度が高いため、実用的なものも好まれています。

つづきを読む

実印紛失したら…印鑑証明書の発行停止を!!(高田馬場3丁目店)

“日本では、不動産の取引や遺産相続、公正証書や金銭などの契約書など、公的、私的に関わらず重要な書類には実印が必要です。 実印を押すということは法律上の権利や義務が発生することになりますので、実印は印鑑の中でも特に重要なものと言えます。 実印はそれだけでも重要性が高いのですが、実印が間違いなく本人のものであると役所が証明する印鑑証明書と合わさると、特に重要性が高くなります。 なぜなら、不動産の登記や遺産相続などの特に重要な事案の場合は、必ずと言っていいほど印鑑証明書の添付が必要になるからです。 また、手続きより先に悪用された場合などに備えて、警察にも紛失届、あるいは盗難届を提出しましょう。 特に盗難の場合、実印を登録した際に交付される登録カードも一緒に紛失すると、第三者であっても印鑑証明書を取得することができます。 この場合、実印と印鑑証明書の両方が手に入るので、紛失した人になりすまして大きな契約を結ばれたり、不動産の移転登記をされたり、重大なトラブルに巻き込まれる可能性が高いです。 そうした状況になった場合でも、あらかじめ警察に届出をしておくだけで、後々のトラブルに対するリスクを軽減できます。 《紛失した場合はどうすれば?》 ①役所に実印を紛失した事を連絡して紛失届を提出し、印鑑証明書の発行がされないようにする ②今後しばらく実印を使用しないのであれば印鑑登録廃止の手続きをし、新たに印鑑登録をする場合は改印届を提出 ③登録してある印鑑を変えたいときは、現在の印鑑登録を廃止して、新たに登録 ※これにより、紛失した実印の効力は失われ、悪用される心配はまずありません。

つづきを読む
1 2