カテゴリー: 印刷

喪中はがきの書き方(高田馬場店)

喪中はがきの書き方も様々です。 【喪中はがきを出すのはなぜ?】 賀状欠礼の挨拶になります。 一般的には、身内(本人からみた2親等)に不幸があり、新年のご挨拶が出来ない旨をお知らせし、今年1年お世話になったことへの感謝の気持ちと、来年度も変わらずお付き合いを頂きたいという内容でになります。 【内容が詳しく書かれている場合と、喪中のためとしか書かれていない場合があるのはなぜ?】 それは、家族で相談して決めれば良いことで、特に決まりはありません。 例えば <例文 父が亡くなった場合> 喪中につき年末年始のご挨拶を失礼させていただきます。 父 〇〇が11月に80歳にて永眠致しました。 ここに本年中賜りましたご厚情を感謝致しますと共に、明年も変わらぬご交誼のほどお願い申し上げます もしくは この文章の「父 〇〇が11月に80歳にて永眠致しました」という部分を省いて出すこともできるわけです。 詳細を書くことによって、受け取った相手が心配したり、お花やお線香などを送ってくるなどの気遣いをされる事も。 また、それが書いていない場合は、どなたが亡くなったのか?反対に心配されることも…..。 ハガキを出す相手・亡くなられた方との関係にもよると思いますので、省いた場合はお知らせした方が良いと思われる方には、一筆付け加えることをお勧めします。 【喪中はがきの出す時期は?】 最近は年賀状印刷の早割もあり、早くから準備されるご家庭も多くなってきています。 11月下旬までに届くのが好ましいでしょう。 ご不幸が11月下旬・12月の場合は、松の内(1月7日)が明けてから寒中見舞いを出し、その際に、「喪中につき新年のご挨拶を遠慮させていただき…」等喪中はがき同様に書きます。 ※※年賀状が来ないと、とても寂しい思いをします。 毎年、お友達から来る年賀状をとても楽しみにしているのです。 来年は相手のご家族が喪中になり、それが何年か続き年賀状が途絶えることもあります。 このような場合には、喪中はがきの中に次の文章を加えてみてはいかがでしょうか。 「新年のご挨拶は出来ませんが、皆様からの年賀状で、近況報告などお知らせ頂けると大変嬉しく思います」 年賀状をもらうことに抵抗がなければ、これも良いと思います。 家族で相談してみてください。

つづきを読む

暑中見舞いを出す時期は(高田馬場店)

夏になると”暑中見舞い”や”残暑見舞い”を出すという方も少なくないでしょう。 これらの挨拶状は出すのにふさわしい時期があるのをご存知ですか? 『暑中見舞い』は、一般的に梅雨が明けてから立秋前まで。立秋はその年にもよりますが、大体8月7日前後になります。立秋後は、『残暑見舞い』として出すのが一般的です。 注意することは、梅雨明けからといっても地域によって梅雨が明ける時期というのはバラバラなので、自分の地域は梅雨明けしていても相手側はまだであるということがよくあります。そのため、暑中見舞いを出す相手側の梅雨明け情報などもしっかりと確認してから出すのがおすすめです。 ~暑中見舞いと残暑見舞いでは少し書き方が違います~最初に書く挨拶文はもちろん違いますが、文末も暑中見舞いであれば盛夏、残暑見舞いであれば晩夏あるいは立秋、葉月などと書くのが良いです。盛夏の部分は代わりに何年何月というふうに書いても問題ありません。 ~縦書き?横書き?~ どちらが良いのだろうと迷う方もいますが、基本的にはどちらでもかまいません。しかしフォーマルな書き方をするのであれば縦書きが良いとされています。少し改まった相手や目上の方に対しては縦書きがふさわしいですが、親しい友人などであれば横書きに書いても大丈夫です。 年賀はがきがあるように、暑中見舞い用にも「かもめーる」という官製はがきが存在しています。このかもめーるには通常の官製はがきとは違って、切手部分が夏の仕様となっています。また年賀はがき同様くじもついていますので戴いたほうにとっても楽しみがあるのです。 当店でも暑中見舞いの印刷を承っております!テンプレートも多数ありますので、印刷の際はお気軽にご相談ください。

つづきを読む